10秒で脳を活性化させる方法

目の前のことに集中できない。
できそうで、できなくてイライラする。
深呼吸をしても、なんか落ち着かない・・

落ち着け~~
落ち着け~~と自分に言い聞かせても
なかな元の状態に戻ることって難しいと思います。

こんなの時、どうすれば良いか・・・

この方法は、某建設会社の安全管理の運動に取り入れてもらったのですが
とても簡単な方法です。

まず、指を組んでください。

右手の親指が上の方と、
左手の親指が上の方がいらっしゃると思いますが

右手の親指が上の人は、左手の指が上になるように組み替える。
左手の親指が上の人は、右手の指が上になるように組み替える。

たったコレだけなんです。

いつもの組み方と逆に組み替えると、
なんか変な感じがしませんか?

これを50回ほどやるだけで、脳が活性化されるといわれています。

違和感のある動きとは、脳にとっては新しい動き
違和感のある新しい動きをすることで、
脳に刺激をあたえることで、心の枠も自然と広がってきます。

腕組を逆にする。
利き目の逆目で風景を見る
携帯電話を逆の耳で聞く
利き手の逆でご飯を食べる
休めのポーズを逆にする。
逆の足を組むなど

違和感をかんじるものを探して、
バタバタしているときに、ちょっとチャレンジしてみると
良いと思います。

こんな手のヨガを見つけました(-_-;)

Bitchesbrew Yangpose

この記事を気に入っていただけたら いいね!お願いしますm(_ _)m

【運は、風水から。 ~運がいい人が行っている 5 つのステップとは?】
無料レポートの申し込みはコチラ