悲しいことの連鎖が広がる理由

悲しい事件が続いていますが、
なんか違和感を感じています。

【罪を憎んで人を憎まず】

最近になって、やっと意味が分かりました。
罪は罪で当たり前なのですが、

人を悪と考えてしまうと、
なぜ、その現象が起きたのかが見えなくなってしまう、

ハインリッヒの法則
『一件の大きな事故・災害の裏には、
 29件の軽微な事故・災害、
 そして300件のヒヤリ・ハット
(事故には至らなかったもののヒヤリとした、
 ハッとした事例)があるとされる。
 重大災害の防止のためには、
 事故や災害の発生が予測されたヒヤリ・ハットの
 段階で対処していくことが必要である。』

一つの事件にいくまでの、29件・300件の現象を
検証し同じ事件・事故が起きないように考えなくてはいけないのに

その人は悪だと決めつけ

29件の軽微な事故も
300件のヒヤリハットも

あれこれ穿りかえして、
だから悪なんだと非難してしまう。

某研究者の事も同じ

その人の人生を見れば、
どうせバレる不正をするはずはないし

ムーミンはおかしい、割烹着はおかしい
巻き髪は変だ、化粧してくるのはおかしい
大学の論文はコピペだ!

まだ、あるのかないのか分かっていないのに
全て、悪人あつかい。
結果、関係者まで被害が拡大してしまいました。

高校生の悲惨な事故に関しては逆で

29件の軽微な事故も
300件のヒヤリハットを
きちんと分析していれば、

もしかすると防げていたかもしれません。

某研究者に関しては
1件の未確定な現象に関して、
軽微・ヒヤリハットをあれこれ探し出してバッシングし。

高校生の悲惨な事故に関しては
起きてから、あ~だ、こ~だ言う。
軽微・ヒヤリハットをもっと慎重に対策を考えていれば・・・

と考えてしまいます。

自分の常識を押し付け
善・悪を決めつけるのは簡単だと思うのですが、

なぜ、そうしてしまうのか?
その人物の、人となりを考えてみると
0.1%ぐらいは理解できる部分があると思います。

理解できるから、対策も考えられると思う。

理解できなかったら、机上の空論で終わってしまうような気がします。

例)脱法ハーブの名称を 危険ハーブに変えた。

考え過ぎかな~~(^_^;)

この記事を気に入っていただけたら いいね!お願いしますm(_ _)m

【運は、風水から。 ~運がいい人が行っている 5 つのステップとは?】
無料レポートの申し込みはコチラ