開運・開運て言うけど運って何!?

こんにちは

ウエイトトレーニングをやりすぎて

腰を痛めてしまった天川です。

今回は 【開運・開運て言うけど運って何!?】

開運

運を良くする

運を引き寄せる

運という言葉を使うけど、

運ってそもそもなんなんだろう・・・

いつも、こんな事を考えていました。

 
運(運気)

目に見えないものだからこそ、

きちんとした答えが欲しいですよね。

答えが分かれば運をアップさせる事が、

もっと簡単になると思います。

やっと仮説がまとまったのでご紹介したいと思います。

『運って何だと思う?』

セミナー受講者や、友人に聞いてみました。

自分のやりたい事が、
うまく事が進んでしまう人じゃないかな~

自然の調和を上手く生かしている人

宝くじに当たった人

玉の輿に乗った人

事業に成功した人 等等

間違ってはいないのですが、

これは”運の良い人の定義”であって

”運”の定義ではありません。

”運”とは、いったいなんなのか?

私が思う運の定義は・・・     

運 = 情報 です。

目から入ってくる情報

耳から入ってくる情報

五感で感じる情報

脳の中でのひらめき

目に見える情報、目に見えない情報、 

私達は、毎日いろいろな情報をキャッチしています。

そして無意識に、

自分にとって必要な情報、

そうでない情報に振り分けています。

気が付かない情報もありますが・・・

振り分けて行動し結果に結びつくと考えられます。

結果がよければ、運が良いことになり

結果がよくなければ、運が悪いということになります。

 
『運が良くないんです。』

『最近、いいことが全然ありません。』

と相談をする方がいます。

この場合、どう考えるかというと、

運が良くない情報を選択している。

もしくは、

運が良くならないような解釈をしていると考えます。

金運の例をあげると、とても簡単だと思います。

金運の良い人も良くない人も、

自分の金運をアップさせる情報を敏感に探しています。

占いで、今年の、あなたは金運が最高になります!

これは金運の関する情報が沢山やってくるということになります。

その中で、

金運の良い人は着実でリスクの無い情報を選択します。

金運の良くない人は、一発逆転・リスクの多い情報を選択します。

※運の無い人は、そもそもそういう情報に興味がありません。 

儲かる!という言葉に弱いんですね。

恋愛運でも健康運・仕事運も全て同じだと思います。

そして、自分にとっての良い情報をあつめるには、

興味が大切です。

自分がどうなりたいのか?

どんな人生を送りたいのか?

どなれば嬉しいのか?

自分の夢・願望・目標を明確にする必要があります。

本当に欲しい情報を絞り込む事によって、

あなたの身近にある運に気が付くことができます。

そして、運はどこから来るか!

自然から! 宇宙から! と答える人もいますが、

ハズレ・・・

運(情報) は人からしか来ません。

与えてくれるもの、気が付かせてくれるのも人です。

そう、あなたの身の回りの友人・知人・家族から

運はやって来ることになりますよね。

運         = 情報 

情報を得るには = 興味を絞る

運はどこから   = 友人・知人・家族 (人)

こんな定義が成り立ちますよね。

こう考えると、

何から始めれば良いか解りやすいと思います。

■まず自分の身近なの人に感謝をする。

■自分の興味を絞る。

■情報を得るための行動

スピリチュアルな行動(お金持ちのひとほど意外とやっていますよ)

運が良くなる定義、

あなたのお役に立ててれば嬉しいです。

← ← 天川はいま何位?

■風水通信
ブログでは絶対に書けない話・運を呼び込むためのヒント
お勧め開運グッズ・お勧め図書などをお送りいたします。


お名前

メールアドレス

 




この記事を気に入っていただけたら いいね!お願いしますm(_ _)m

【運は、風水から。 ~運がいい人が行っている 5 つのステップとは?】
無料レポートの申し込みはコチラ